美肌

不妊治療とプエラリア

サプリメントでもおなじみ、プエラリアは女性ホルモン・エストロゲンを活性化するゲネスティンやダイゼインなどを含み、その他にもミロエステロールやデオキシミロエステロールなどプエラリアにしか含まれていない特有成分を持っています。
これらを摂取すると更年期障害の緩和のほか、ホルモン置換作用、美肌づくりやバストアップなども期待できます。
プエラリアのエストロゲン活性作用は不妊治療にも効果的などと言われることがあります。

しかし、不妊治療はあくまで産婦人科で行う投薬療法を中心とし、自己判断でプエラリアを摂取することはおすすめできません。
なぜなら、不妊治療で使用する薬とプエラリアの成分がお互い強く出るため、ホルモンバランスが崩れたり狂ってしまうリスクが考えられるからです。
プエラリアは女性ホルモンに強く影響を与えるため、更年期以降女性ホルモンの分泌量が少なくなり出した女性には特に有効とされています。

ただなんとなくバストアップや美肌を目指したいから、という理由では副作用が起きる可能性もありますし、不妊治療などホルモンバランスが特に重視される方については特に医師の診断に従って摂取されることをおすすめします。
不妊治療用の薬でホルモンの分泌量が十分に足りている場合、プエラリアを新たに摂取するとエストロゲンが過剰となり、「もうこれ以上分泌しなくてもよい」と身体が判断し、月経サイクルが狂ったり不正出血が起きるトラブルが考えられます。
過剰摂取を続けた場合不妊症がさらに続いたり、月経が1ヶ月間隔でやってくるなどのリスクも考えられますから、20代で不妊治療をされている方などは特に注意が必要です。

20代以前の方や妊娠中・授乳中の方についても、ホルモンのバランスを乱す可能性が高いため摂取を避けなければなりません。
これらはサプリメントの使用上の注意にも書かれていますから、用法をしっかりと守って正しく摂取するようにしましょう。

このページの先頭へ