美肌

国産のプエラリア

プエラリアはタイやミャンマーなどの東南アジアを原産とする植物です。
暖かい気候条件であれば安定的な栽培が可能であり、日本国内では季節ごとに一定の気温差が存在するため、プエラリア栽培は難しいのではないかと考えられてきました。
また、タイではプエラリアそのものを食品として出荷することは禁じられており、収穫した後必ず加工した状態での販売のみに制限されています。

しかし近年に入り、温暖な地域以外に寒冷地でもプエラリアを安定して栽培することができるということが明らかになりました。
実際にプエラリアの種子を熱処理し、土壌に蒔いてから土壌の温度を一定に保つと、プエラリアの種子が発芽し、根の肥大化にも成功しています。
日本では平成12年に初めて増殖栽培に成功したプエラリアが今もなお栽培され続けており、「夢美人」という品種が栽培されています。

夢美人は別名「夢美人芋」などとも言われているとおり、芋として栽培されて収穫されています。
夢美人を購入する際は、芋そのものではなく乾燥させて粉砕した加工済の商品しか手に入れることはできません。
また、夢美人には一切混ぜ物がされておらず、芋そのものは手に入らなくても、生芋そのままの純度100%の天然成分が摂取できます。

安全性の高いプエラリアを摂取するなら、東南アジア原産のプエラリアよりも国産の夢美人の方が確実性は高いと言えます。
なぜ夢美人の方が安全かと言うと、タイやミャンマーなどから加工品として輸出されるプエラリアには、現地人でも判別が困難であるプエラリアの偽物が混じっている可能性が高いと言われているからです。
プエラリアには色別に5種類の品種が存在していますが、特に効果が高いといわれる「白プエラリア」だけを採取するのは非常に手間がかかるのだそうです。

そこで、灰色や黄色など判別のつきにくいプエラリアも一緒に収穫され、製品として加工されている可能性が高いのです。
そうした意味でも、国産のプエラリア粉末は人工的に栽培されているとはいえ100%自然のまま、安定した栽培方法と手間ひまをかけて作られています。
生産者の顔が見える「本物」をお求めになりたい方に、強くおすすめできる製品です。

このページの先頭へ