美肌

乳がんとの関係

日本をはじめ、世界でも深刻な問題となっている「乳ガン」は、初期の段階から本格的に患っている方までかなりの数がいるといわれています。
乳ガンの原因は女性の体内で分泌される女性ホルモン・エストロゲンが深く関係すると考えられています。
乳がんは、乳房の中に存在する乳管や乳管上皮、小葉上皮などに起きる疾患です。

がん細胞がこの部分に留まっている限りはまだ初期の段階であり、リンパに乗って転移する心配もありません。
ですが、逆に言うとこの初期段階は女性ホルモン・エストロゲンと深い関わりがあります。
乳管の上皮部分は特にエストロゲンが増えたり減ったりすることでがん細胞の増減がコントロールされています。

日本人に多いと言われる「エストロゲン依存性乳がん」は、エストロゲンとがんが合わさることによってがん細胞が増殖していく疾患です。
つまり、エストロゲンが体内に多く分泌されていたり、分泌期間が長い場合はそれだけ乳ガンのリスクが高くなるということになります。
もちろんエストロゲン自体は女性の身体を適切に保つためのホルモンですから、少なすぎることも問題なのですが、あまりにもエストロゲンのはたらきを活性化させてしまうと、思わぬリスクを生むことにも繋がってしまうのです。

エストロゲンを活性化させるものとして、大豆やプエラリアなどといった植物に含まれる「植物性エストロゲン」があります。
これらは体内に入ると女性ホルモンを促す作用があり、過剰摂取はおすすめできません
もちろん、大豆やプエラリアを摂取したからといって乳ガンの発生率が高まるわけではありませんし、プエラリアなどは植物ですので、女性ホルモンそのものではありません。

ただし、プエラリアを摂取することでホルモンにどのような影響があるかは未知数です。
もともと女性ホルモンが少ない方については良い影響がみられますが、逆に過剰摂取や体質に合わない場合、ホルモンのバランスが乱れるおそれもあります。
常にバランスを考え、体調をみながらの摂取が大切です。

このページの先頭へ