美肌

プエラリアの摂取可能な年齢は

プエラリアの摂取に関する疑問の中でも特に多くみられる摂取可能年齢については、大体ホルモンバランスが落ち着く成長期終了後程度、およそ20歳くらいがベストといわれています。
プエラリアは植物なのだから、若いうちからサプリメントを飲み始めても構わないだろうという考えもありますが、プエラリアにはイソフラボンの40倍もの強力なパワーが備わっているため、思春期から成長期を迎える女性には効果が強すぎてしまいます。
プエラリアを飲む女性の目的は年齢によっても違いますが、10代の女性の場合バストアップを目的としている方が多くいらっしゃいます。

バストは小学校高学年から中学校(人によっては高校)までが発達期間であり、この時期に子供の体型から女性らしい体型へと変化していきます。
バストは必ずしも中学校で成長は終わりではありません。
人によっては18、19歳にかけてバストが成長する方もいますから、自然に発達を行える大切な期間にプエラリアを摂取してしまうと、ホルモンのバランスが変化し、卵巣の発達や月経周期など色々な部分に副作用が現れてくる可能性もあります。

また、小学校以下の年齢のお子さんは骨や筋肉を形成する非常に重要な時期ですから、プエラリアの摂取はまずおすすめできません。
強力な植物性エストロゲンはお子さんの身体の中にあるホルモンバランスを崩すおそれがあります。
お母さんがプエラリアのサプリメントを摂っている場合、お子さんの手の届かない場所に保管するように注意が必要です。

女性ホルモンは男性ホルモンに比べると非常に繊細で、バランスが崩れやすいものです。
更年期に入りホルモンの分泌量が落ちた方ならプエラリアを摂取することは可能ですが、成長期に入っていてこれから身体をつくって行こうとしているお子さんはプエラリアを避け、カルシウムやビタミンなどの基礎的な栄養素のほうをきちんと摂取するように心掛けましょう。
栄養素がしっかり摂れていればホルモンのバランスも整い、バストアップや美肌も期待できることでしょう。

このページの先頭へ